ほね柄モチーフの編み方


前回の骨柄カバーに使ったモチーフの編み方をご紹介します!


とは言えわたくし、編み方を人に説明することが人生初です。
わかりにくいところ多々あると思いますがお許しくださいませ。


d0363302_22004942.jpg


5号針使用。
「紹介する編み図+長編みと細編み1段づつのふち編み」で、15×15センチに仕上がりました。


1、鎖編み31目でスタート。

2、2段目〜10段目は作り目のある細編み31目。

3、11段目から模様が入ります。


d0363302_16110946.jpg


この程度の編み図で申し訳ないのですが、○の部分は「長編み5目の玉編み」をします。
玉が裏にでますので、模様段を編んでいるときは裏側を編んでいるということになります。

空白部分は細編みです。


なので11段目は、

細編み3目・玉編み・細編み・玉編み・細編み・玉編み・細編み15目・玉編み・・・

という感じで進みます。


4、12段目は細編み31目。玉編みが入る段と細編みのみの段を交互に23段目まで。

5、24段目〜32段目まで細編み31目を編んだら出来上がり!



伝わったかしら・・・。


この細編みの中に玉編みを入れて模様を出すモチーフ、
インスタグラムなどでもよく見かけるので定番の編み方のはずです。
(正式名称はわかりませんが)

単色でかわいい柄できるので糸始末が楽チンなのもいいところ。

小型犬サイズなら3×4の12個くらいでちいさなブランケットができるので、
この冬愛犬のプレゼントにいかがでしょう?

ウールの暖かい色で編めばとってもかわいく仕上がると思います^^


どうぞお試しくださいませませ。



☆ランキング参加中☆

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

応援クッリクありがとうございます^^



[PR]
by itawa | 2017-09-06 13:00 |  ◇あみもの | Comments(0)