外国人の嫁


昨日はN氏の親戚の家へ行ってきました。

おじさんの新しい家が完成したので、お披露目&プジャ(お祈り)みたいな感じでした。

親戚勢揃いで久しぶな人にもたくさん会いました。


d0363302_19400925.jpg


自分で言うものなんですが、N氏の親戚には結構かわいがられていると思っています。

初めて親戚に紹介されたときも、
「あら〜N氏の彼女は日本人なのね〜(ラッキー!)」といった雰囲気でした。

やはりまだネパールでは「日本人=お金持ち」というイメージがあるので、
親戚からもそうゆう目で見られているなぁと感じることが度々あります。


たしかに一般の収入平均額を比べれば、
ネパール人の平均年収額が日本人の平均月収額くらいにはなると思います。

だからN氏の親戚も日本人の私がお金をたくさん持っていると思ってるんでしょうね。

私がニート5年生だということも知らずに。

いくら自国の平均収入額が高くても、無職なら収入がゼロなんですよ・・・。


とは言いつつ、日本に帰れば日本生まれの日本語完璧の若い日本人というだけで、
バイトはめちゃくちゃ見つかるし、ネパール人の日給以上の時給もらえたりしちゃうんで、
お金を稼ぐのが簡単という意味ではお金持ちなのかな。と思ったり。


でも、日本では仕事内容的にネパール人1日分くらいの働きを1時間でしなければいけないから、
やっぱり同じだよな。と思ったり。


d0363302_19404352.jpg



とにかく、どんな裏事情があったとしても誰も反対せずに結婚をさせてくれて、
外国人の嫁を受け入れてくれていることは、とてもありがたいです。


色んな意味でネパールでは「日本人の嫁」という立場でラッキーなことが多いと思っています。


今のところは。ね。




[PR]
by itawa | 2017-07-30 17:00 |  ◇国際結婚 | Comments(0)


先日、日本大使館へ行って婚姻届を提出してきました!


大使館での手続きはこちらのページに載っています。


さて実際やってみたところ思ったのは、
婚姻届は大使館でもらって提出時にその場で書いた方がいいということ!

と言うのも婚姻届を2枚提出しなければいけないのですが、
私の場合うちで書いて来たものに不備があり、その場で2枚書き直すことになってしまいました。

N氏は自分のサインしか書けないから全部1人で書かなきゃいけなくて、
スーパー面倒臭くって、もうほとんど殴り書きでした。
家ではあんなに丁寧に書いたのに。泣


それから、ネパールでの結婚証明書とN氏のパスポートの翻訳は自分で作成しました。
パスポートの方は日本のパスポートを見ながら訳せばいいのですが、
結婚証明書の方が地味に面倒くさかったです。

翻訳の内容はこんな感じ。




証明番号     

ネパール政府

内務省

地方管理事務所

カトマンズ

婚姻証明書



ネパ吉の孫またネパ郎の息子であるカトマンズー○○在住ネパール国籍ネパ男○○歳と、ジャパ吉の孫またジャパ郎の娘である日本在住日本国籍ジャパ子○○歳は、西暦○○○○年○月○日に当事務所を訪問し正式な申し込みを行った為、婚姻登録法ビクラム歴2028(西暦1971)に従いここに両者が夫婦であることを認める。

この婚姻証明書は法律に従い、ネパ男とジャパ子に与えられる。



オフィススタンプ 署名: 氏名: 名称: 日付:






・・・という風に訳したものを提出しました。

これについては特になにも言われなかったので大丈夫なんだと思います。

自分で翻訳するよって方はよろしければ参考になすってくださいね。



さて、これにて婚姻手続き100%完了!

お疲れ様でした^^


d0363302_01324015.jpg





[PR]
by itawa | 2017-07-28 19:00 |  ◇国際結婚 | Comments(0)


やっとまとまったので、私が行った婚姻手続き方法を詳しく説明します!


まず、流れとしては「ネパール側手続き終了→日本側で手続き」となります。

ネパール側の手続きではネパール人の出身地、性別によって必要な書類等が変わるようです。

私が紹介するのは「カトマンズ出身のネパール人男性×日本人女性」
の2017年春にカトマンズのC.D.Oで行った手続きのケースです。


それではネパールでの手続きからすたーと!


C.D.O.での手続きは、申請日から16日後に結婚証明書が発行されるので2回行く事になります。

こちら婚姻手続き部屋(202号室)に貼ってあった紙。
手続きに何が必要なのかが書いてあります。

d0363302_23161968.jpg


・・・これをざっくり訳すと、


1、婚姻手続き申請書

C.D.O.の門を入って右手側に申請書がもらえるデスクがあるのでそこで買います(10Rs)。
202号室で色々記入してもらった後、10Rsの切手を購入して貼付けます。


2、ネパール人の独身証明書

Ward office(区役所的なとこ)で発行します。
これはネパール人におまかせしましょう。
料金1000Rsなり。


3、ネパール人のNagariktaコピー

オリジナルも必要です。


、外国人側のパスポートコピー&VISAページコピー

こちらもオリジナルを忘れずに。
一番新しいビザのページと顔写真のページのコピーです。


5、外国人側のノンオブジェクションレター

ノンオブジェクションレターって要は、
この人はこの手続きをするのに問題ないよ!って国が保証してくれる手紙のことです。

日本人は結婚要件具備証明書というのを用意します。

独身証明とノンオブジェクションレターを合体させたような書類です。
日本大使館で発行してもらいます。が!
書類発行には戸籍謄本・相手ネパール人のパスポートコピーが必要です。
(パスポートがない場合は英語で名前の記載された運転免許書やNagariktaなどを2点用意する)
翌日受け取りで、料金1070Rs。


6、両者の証明写真各10枚

最近撮影した写真を用意します。
10枚全部は使わなかった気がするけど、写真を貼らなきゃいけないとこがたくさんあります。


7、保証人3名

結婚証明書受取時(2日目)にネパールNagatikta所有者3名に一緒にC.D.Oに行ってもらいます。
友人、知人など家族でもOKです。
各Nagariktaのコピーも忘れずに。


8、ポリスレポート

私たち申請時にこの書類を作ってなかったのですがオフィサーに「必要ないよ。」と言われました。
ネパール人が女性の場合や、ちょっとこのカップル怪し〜い?みたいな場合に求められるようです。
とりあえずポリスレポートなしでC.D.O.へ行ってみるのもありかもしれません。
作るのに手間もかかるようなので。。。


9、外国人の15日以上のC.D.O.所在地滞在証明書

手続きをするC.D.O.がカトマンズならカトマンズに15日以上いなきゃいけないってことですね。
ホテルに滞在している場合は15日以上の宿泊料金の領収書(PAN Bill)。
民家の場合には滞在証明をWard officeで発行してもらいます。
家主の書類もろもろ、外国人のパスポートなどが必要です。
料金なんと5000Rs!!ぴぇ〜!


・・・以上が必要な書類についてです。


これらをそろえてC.D.O.へ向かいます。
婚姻手続きを行う両者のサインを書くところがたくさんあるので、必ず2人で行きましょう。

1日目はオフィサーの指示通りに何部屋かをまわって手続きは終わり。

それから16日後に保証人3人と再びC.D.O.へ向かい、
手続きを終えて証明書が発行されると遂にネパール側の結婚完了です。

ご結婚おめでとうございます! 

ちなみに私たちは2日目の手続き中N氏が少し目を離した隙に、
C.D.O.に住み着く「窃盗おばさん」に上記の書類すべてを盗まれてしまいました。

結果的には見つかったからよかったのですが。。。
みなさん、ネパールでの手続き中は絶対に書類から目を離さないでくださいね!


そして次に日本側の手続きについてですが。

日本は真面目なので素人がブログにまとめるまでもなく、
ちゃ〜んと大使館のHPにわかりやすく記載されています。




ありがとう日本!
ネパールでの手続き終了後3ヶ月以内に日本側での手続きが必要とのことです。

こちらでは戸籍謄本または抄本が2通必要とのことなので、
両国での手続きを全てネパールで行うには合計で3通の戸籍謄本が必要になります。



・・・はい。
以上がネパールでの結婚手続きの全てです。

こうやって文字にしてみるとどうってことない作業ですが、
下調べ不足の私たちには長い長い道のりでした。

N氏のパスポートなし、私の戸籍謄本なし。の時点からスタートしたので。

書類さえ揃っていれば最低17日ですべてが完了します。
下調べって大事ですね!


このブログが未来のネパ日カップルのお役に立てれば幸いです。
ネパール人とのステキな結婚生活が送れますように!




[PR]
by itawa | 2017-06-30 13:30 |  ◇国際結婚 | Comments(0)

脱ニート


先日ネパールでもろもろの手続きが終わり、私の職業がくそニートから主婦に昇格しました〜。

そうです、結婚しちゃったんです。
相手は7歳年上のネパール人N氏。

ネパール人との新婚生活はというと、結婚前となにも変わらず。

と言うのもN氏とは1年以上前から一緒に暮らしているので、
やっと正式な夫婦になっただけっていう^^

結婚式は来年やる〜?かも〜?ってレベル。
指輪もまだ作ってないや。

日本の婚姻届だったら少しは結婚しちゃう感あるんだろうけど、
初めてみるこっちの結婚手続き用の書類にサインしてもふ〜んて感じ。

最後に結婚証明書っていう2人の写真が貼付けられた紙をもらってやっと実感湧きましたん。


結婚したら人生終了!とまで思ってた私が結婚しちゃうとは、
人生なにがあるかわからんですね。


そんなわけで、
晴れて正式な旦那となったカトマンズ生まれカトマンズ育ちのN氏と、


d0363302_21164306.jpg


時々N氏兄。

それから、
スーパーかわいいジャーマン・シェパードのミディー。


d0363302_21261537.jpg


3人、時々4人でカトマンズの細長い家でゆる〜い生活を送っています。

ネパールでの結婚手続きについては次回詳しく書きますね。
日本での手続きについてはなにも終わってません。

ってことは日本では私まだ独身?

N氏が日本に来る予定は今のところないから、後でやればいいや〜って思ってるんだけど。

どうなんだろ。


ま、いっか^^






[PR]
by itawa | 2017-06-20 13:00 |  ◇国際結婚 | Comments(0)