いたわ的カトマンズへの道2


またまた前回からの続き。
今サモサ食べながらブログかいてる^^


・・・・・・・・・


お礼になにかできる事はありませんか?」の答えは、



「じゃあモモ作って〜。」だった!



た、楽しそう・・・!



従業員のR君にお店の離れにあるモモ作り部屋に案内される。


そこはコンパクトな部屋の真ん中に大きな作業台。

それを取り囲むように少年たちがせっせとモモを作ってた。



私もモモの包み方を教えてもらう。

10個程作るとオッケーがもらえた。


それからず〜〜っとモモを作って、夕方に宿へ戻った。

明日は主人の娘たちもくるから、また明日来なさいって。



そうか。じゃあ明日もゴルカ行きは延期だな。


d0363302_16555693.jpg


それからは毎日のようにモモ屋へ通い、ランチを食べて夕方まで働いた。

私は別の人生を疑似体験してる気分でいたんだ。
ネパール人に混ざって働いてご飯食べて、、、
絶対に自分が歩まないであろう人生を期間限定でやってる感じ。

給料もらってるわけじゃないから、行きたくない日は宿でゴロゴロしたり、
お店の少年のガールフレンドたちとどこかへ遊びに行ったりして過ごした。


いつしかゴルカ行きなんて忘れちゃったよ。

カトマンズが好きで居心地が良すぎて、ここに住みたいな〜。って思い始めてた。

そして5月になって90daysビザが終わる頃、私はちょっとだけ悩んでいた。
ネパールにツーリストビザで滞在できるのは年間150日だけ。
だからビザを延長しても7月にはネパールを出なきゃならない。

でも7月になったら中国からの中央アジアは時期的に急がないと冬になってしまう。
急いで周る、期限の決まってる旅は嫌いだ。
じゃあ中止?

どうすっかな〜〜。

ちょっと悩んだ。
でもこんな時の決断方法はわかってる。
考えすぎない事。
一旦全部忘れてその時の心の思うままに決める。

そう、3ヶ月前にネパール行きを決めたときのようにね。


ってな訳でネパールにいることにきーめた!



・・・・・・・


その後はちょうどビザが終わる7月にビソバサキャンパスで新学期が始まる事を知り、
またちょっとだけ悩んだ後に入学手続きをして学生ビザに切り替えをした。

そして9月には長い事お世話になったCentury Lodgeを泣く泣く後にして市内に部屋も借りた。


以上がいたわのカトマンズ上京物語。
それからもだらだらとカトマンズに住み続け、今年で4年目。

さて、私はいったいいつまでここにいるのでしょうか?





[PR]
by itawa | 2017-05-22 16:00 | はじめまして | Comments(0)