壁を塗り替えるの巻


本当は床を張り替えるの巻・パート2が先のはずでした。
だけど業者さん(今度は知り合いのちゃんとした人たち)の都合で来週以降じゃないと無理ってことで、
先に色塗っちゃおう!ってことになりましたん。

壁塗りは自分たちでやります!
私はネパールにきて3回目なので、どちらかというと得意な作業^^

それではすたーと。


まずはペンキを買いに行きます〜。

ペンキの種類はざっくりと2種類。
屋外で使うエナメル塗料か、屋内用の水性アクリル塗料。

エナメルは長持ちで水拭きもできるので屋内の壁に使われることも多いですが、
扱いが大変で匂いもキツいので、業者さんに頼まないとツライです。

自分たちでやるなら断然アクリル!
アクリルの方が安いしね。


d0363302_23505089.jpg




カトマンズだとパイプや洗面台などを扱っているHardware Shopと言われるお店か、
ペンキ専門店で買うことが出来ます。

前者の場合、既製の色しか置いてない場合が多いので色を作る設備がある専門店がおすすめ。
その色を作る作業ってのが日本よりレベル高いです!


まずはメーカーのカラーチャートを見せてくれますが、
それでも気に入ったものがない場合は他の何千種類はあるかと思われるチャートブックから選びます。

そして色が決まったら、必要量の白いペンキのフタを開けて機械に設置。

お店のお兄さんがパソコンに色番号とペンキの量と打ち込むと、
機械からニュル、ニュルっと色んな色のペンキが少しづつ出てきて見事に調合してくれます。

すごいハイテク!

でもこれ、キレイに混ぜられるかな〜と思っているとちゃんと撹拌機がありまして。
これに1分程グルグルしてもらえばきれいに混ざります。


d0363302_23504903.jpg


素晴らしい〜。

しかもこの作業1ℓからやってくれるんですよ。
私たちは20ℓ作ってもらって2500円くらいだったかな。


さて、ペンキが手に入ったら作業開始。

アクリル塗料も水で薄めて使います。
本当は薄めにして2度塗りするのがベストなんだけど、
私たちは厚塗りしてから翌日色むらのあるところだけ重ね塗りしています。

N氏はローラーで大きな所を塗る人。
私は刷毛で細かい所を塗る人。


d0363302_23504776.jpg



塗ってるときはムラがすごくて不安になるんだけど、乾けばキレイになるので心配いらないです^^

今回はライトグリーンだった壁をEgg custardという色に塗り替えました〜。



d0363302_23504832.jpg



↓↓




d0363302_23504700.jpg



ちゃんと乾いてないのに写真撮っちゃったからムラがあるけどこんな感じです^^
だいぶ黄身色。
天井は白だからたまごハウスになっちゃった。


壁色がかわると雰囲気全然違うし、なにより自分たちでキレイに仕上げた達成感がサイコーです。

ネパールでは賃貸でも大家さんの許可をもらえばペイントOKな所も多いので、
もし気に入らない壁色の部屋に住んでいるなら自分でやってみるのも楽しいですよ〜。




[PR]
by itawa | 2018-06-16 21:00 |  ◇ネパール暮らし | Comments(0)