人気ブログランキング |


だいぶ日が経ちましたが。汗
妊娠シリーズまだ続きます〜^^


******


さて、マンガ漬けの日々に訪れた2回目の健診日。

前回のように近所の何もない診療所で血圧測定・触診・問診を受けたあと、
総合病院で超音波検査(エコー?)と血液検査を受けるように言われました。

指定されたのはうちからバイクで15分程のMETRO HOSPITALというところ。
数年前にできたばかりの新しい大きな病院です。


N氏が受付を済ませたらまずは血液検査&尿検査。

大きな病院なので日本と同じようにそれぞれ専門部屋に別れているので、私たちも血液検査のところへ。
隣にトイレがあって尿検査もそこに提出するシステム。

検査結果は翌日受け取ります。

血液の検査内容はHIVや血糖値など日本と同じような感じですが、C型肝炎と風疹は項目にありませんでした。
子宮頸がんの検査もないです。

あと日本と違うのはパートナーの人も血液検査をします!
何を調べられるのかと思っていたら、検査結果の項目は梅毒のみでした。

梅毒は妊婦さんがかかると高い確率でお腹の赤ちゃんも悪影響がでる怖い病気ではありますが、
妊婦さんを検査して、パートナー側も検査する念の入れよう。
ネパールには梅毒患者が多いのかな?


次に超音波検査の部屋へ。

検査室へ行くと看護婦さんに「トイレ行きたくない?」と聞かれました。
「いえ大丈夫です^^」と答えると「じゃあ行きたくなるまで1Lくらい水飲んで待ってて!」とのこと。

えっ!!驚

ネパール式なのかなんなのか、
トイレに行きたくなる寸前くらいの尿意をもよおしてないと検査してくれません。
(後に訪れる日本の病院ではエコーと尿意は関係なかったです。笑)

さ、さっき尿検査したばかりなんですけど。。。

まぁ文句言っても仕方ないので、
検査室の前のベンチに座ってひたすら水を飲みながら尿意がくるのを待ちます。
隣に座っていたネパリ女子も頑張ってガブガブ水を飲んでました〜。

それから30分ほど待ってからいよいよ検査スタート。


よくわからない白黒映像がしばらく続いたあとに赤ちゃんが姿を現します。
画面の中でピクピク動く3cmの人型生命体を見て思ったことは、
かわいい〜!でも神秘的〜!でもなく「ついに地球の物語に参加してしまった!」でした。

余計なことを考えないように集中してマンガを読む毎日だったので(→)、
頭の中が完全に火の鳥の世界観。。。


ちなみに検査をしてくれたのは若い男の先生だっだのだけど、
ちゃんと心臓の音を聞かせてくれたり、説明しながら一緒にエコー画面を見せてくれました。

ネパールの病院ではもっと事務的な感じで検査されると思っていたので、嬉しかったのと安心感。
ほっ。


自分の見た目は何一つ変わっていないのに、お腹の中で別の生命体が成長しているなんて不思議。
30歳になってもまだ知らない初めての気持ちがあったんだなぁ。。なんてふわふわした気分の私。

一方N氏はこの日初めて、私が妊娠したことが現実だと受け入れられた様子。

「Aaja mero fathers day!」
今日は父の日だ〜^^と珍しくビール買ってきて家で祝杯あげてました。


赤ちゃんの姿を見て初めて妊娠ということが確定した瞬間から、
それまでのモヤモヤはちゃんと育てていかないと。という気持ちが消してしまいました。

自分の健康=赤ちゃんの健康になったからには、うだうだ考えている暇なんてないのです。

身体に負担をかけない生活と、栄養のあるものをバランスよく摂って。。。

今日も元気かな?ちゃんと育っているかな?病気になっていないかな?
そんな心配は毎日続き、出産を終えた今も毎日続いています。

きっと赤ちゃんが子どもになって、大人になってもずっと続くのだろうな。

それが私の、子を持って最初に知った親のキモチ。



d0363302_17180396.jpg


次回【健診2〜3回目】編に続きます^^






by itawa | 2019-02-05 16:00 |  ◇baby | Comments(2)

New year & New life


時の流れはいつもマッハだけど、いつにも増して加速していた1ヵ月。


なんとなーく、自分は安産でスムーズにサクッと産んじゃうんだろうなぁと思っていたのですが。

結果は前期破水からの陣痛、からの促進剤。

それでもあとちょっとのところから進まない。
ちょっと指を入れると赤ちゃんの頭がさわれるくらいで一時停止したまま。

このままだと緊急帝王切開の可能性も。。。ってところで急に慌ただしくなりまして。

想像の1万倍はツラかったを陣痛を経て、やっと3500gの大きな女の子に会えました。

すぐにお腹の上に乗せてもらった我が子は、あったかくてフニャフニャ。
ゆっくりまばたきを繰り返しながらぼんやり辺りを見渡していました。

初めて顔を見た時は感動して泣いちゃうのかと思ってたけど、
陣痛からの解放感と単純に会えて嬉しい気持ちで私はヘラヘラ笑っていたと思う。
よぅお前さん、やっと会えたな!って感じ。


しかし抱っこしたのもつかの間、呼吸が不安定とのことで赤ちゃんは同院のNICUへ入院。

結果は一過性多呼吸でした。

落ち着いてから明け方のNICUに連れて行ってもらって、
呼吸器やら点滴やらたくさんのチューブに繋がれたベビーを見た時はとてもショックでした。
だけど同時に「日本で産んで本当によかった」と少しホッとしたのも事実。

ネパールで同じ状況だったら心配と不安でめちゃくちゃになっていたことでしょう。
信頼できる病院って本当に大事!

NICU入院の目安はだいたい1週間と言われてたのだけど、
身体が大きいこともあってか赤ちゃんはみるみる回復し3日目からは母子同室へ。

5日目には一緒に退院することができました^^


d0363302_17282749.jpg


あれからもうすぐ1ヵ月。

赤ちゃん中心の生活にも慣れて余裕がでてきたところ。

初めての我が子はもうかわいくてかわいくて、
こんなにかわいいなら産まずにずっとお腹の中で大切にしておきたかった。

でも外の世界に出てきちゃったからには、しっかり生きていけるように育てていかないとね。


もう少し日本でゆっくりしたら、赤ちゃんとネパールへ戻ります^^




☆ランキング参加中☆

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

応援クッリクありがとうございます^^










by itawa | 2019-01-15 20:00 |  ◇baby | Comments(9)


妊娠5週目でフライング気味に病院へ行ってしまった私。

1ヵ月後の9週でまた健診へ行くのですが、
この最初の健診から2回目までの1ヵ月が今までの妊娠生活で一番つら〜い時間でした。
つわりってやつが始まったのです。

私の中でつわりって、映画やドラマの中で女優さんが突然おえっと吐き気を催し、
台詞なくして視聴者に妊娠を伝えるシーンのイメージ。

私の周りの妊娠経験者もみんなおえおえしていたので、自分もそうなるんだろうなと思っていました。

匂いだらけのネパールでどうなっちゃうのだろ〜と不安だったのだけど、
私の場合匂いにやられることはほとんどありませんでした^^


その代わりに異常な眠気頭痛

朝9時に起きて、家のことちょっとやってからお昼から夕方まで寝て、ちょっと活動してまた早くに寝る。
なんて日もあり本当に専業主婦でよかったなぁと思っています。

眠気は自由な生活の中で寝れば解決できるのですが、頭痛は本当に最悪でした〜。

なぜならネパールには妊娠中に飲める頭痛薬がないから。泣

カトマンズ中を探せばあるのかもしれないけど、近所で私飲める薬は見つかりませんでした。

なので頭が痛くなったら解決策はただ黙って耐えるのみっていう。。。
朝から頭痛の日は本当にツラかったです。泣

ネパールで妊娠する予定があるなら、カロナールは必須アイテムですね。


で、その頭痛以上にツラかったのは「精神的な落ち込み」。

普段の私はあまりクヨクヨしない楽観的な性格なのですが、
なんで妊娠したんだろう。。とか、ちゃんと育てていけるのだろうか。。など、
どうしようもないことを考えてひらすら落ち込みます。

今までのすべてが失敗に思えてきて、数年前にした旅行の予定までも思い出して後悔する始末。

そんな状況では当然、無気力状態になっているので何もせずだたベッドで横たわるだけ。
なにか食べなきゃいけない!という気持ちはあるのですがもちろん食欲も湧かず、
それがまた自己嫌悪と暗い気持ちにさせます。


・・・いわゆる「妊娠うつ」ってやつだったのかな、と知るのは日本に帰ってからのこと。

今通っている病院では定期的に保険相談があります。
いつも相談の最後に「心のチェックシート」みたいな質問表を渡されるのですが、
初めてそれを見た時は、うわ!もろにあの時の私じゃん!って思いました。
ひぇ〜。


しかし当時の私はそんなことも分からず、うじうじクヨクヨしてどんどん暗くなる一方。

なんか自分変になっちゃたなぁ〜イヤだなぁ〜と思いつつも無気力感は消えないので、
せめて暗いことは考えないようにと、マンガでも読むことにしました。

こんな時は気楽に読める「天使なんかじゃない」のようなラブコメでもあればそれが良かったのですが、
私が日本から持ってきていたマンガ本は「火の鳥」or「デビルマン」の2択。

どちらも人類滅亡しちゃうんですけど、他に選択肢がないのでどちらかと言えば明るい火の鳥を読むことに。
他のことをなるべく考えないように、じっくり集中して読んで過ごしました。


そんなマンガ漬けの日々が続いていた時に9週目を迎え、2回目の健診へ行くのです。



d0363302_15212801.jpg



長くなっちゃったので今回はここまで^^


次回【2回目の健診】編へつづく。。。



by itawa | 2018-12-13 16:00 |  ◇baby | Comments(0)


自分のお腹に赤ちゃんがいる〜!と知って、すぐに変わるのが食べるものだと思います。

たばこ・お酒・大量のカフェイン・生もの。。。
などなど基本的なダメなものは知っているものの、あとはなにが危険なんだろう。

ネットで調べてみるとマグロや海草類などの取り過ぎが良くないようですが、ここはネパール。
海産系は心配することなさそうね。


そうなると気になるのがネパール独特の食材たち。
N氏もよくわからない感じだったので、初めての検診の時に先生に聞いていたのです。

先生、こちらで食べたらいけないと言われている食材はありますか?

「ないわよ。ネパールではなんでも食べていいのよ!」


本当に?紅茶も?コーヒーも?

「大丈夫よ!」


え〜〜〜。汗

ネパールは紅茶文化だからそこまでカフェインの心配はしなくていいってことかしら。

それとも先生の言葉には、
「(基本的なNG食材はあなたもわかっているでしょうから、それ以外ならなんでも)大丈夫よ!」
という意味が含まれているのだろうか。。。とモヤモヤ。


すると隣にいた義姉が「でもTimburはダメですよね?」と一言。

「あ〜そうそう。Timburは食べない方がいいわね。」と先生。


あるのかよ!泣
しかも数あるスパイスの中からティンブール(ネパールの山椒)だけ。。。

日本語で調べると妊婦が山椒を食べても特に問題はなさそうですが、
日本のモノとはちょっと違うのだろうし、地元の人がダメだというのでなるべく食べないようにしてました。


検診でモヤモヤする答えしかもらえなかったのですが、自分で調べていて気になるのがスパイスのこと。

日本語サイトだとターメッリクは良くないって記事をちょいちょい見かけました。
N氏は英語のサイトを色々調べてくれたのですが、そこでもターメッリクの取り過ぎは良くないんだとか。

それを知った時は、え!そんなんもうネパール料理ほとんどアウトじゃん!と思ったのですが、
よくよく考えて、スパイスについてはあんまり気にすることないなと思いました。

だってもし本当にスパイスが妊婦さんに悪い影響を及ぼすなら、
ほぼ毎食カレー味のインド・パキスタン・バングラなどカレー圏の国々はとっくに滅亡してますよね〜。


しかしつわりが始まってからはニンニク・スパイスが強すぎて、ネパ料理はほとんど受け付けない状態に。
おかゆとか野菜スープとかさっぱりしたものばかり食べてました。

食べたいものは自炊するしかないのは少しツラかったのですが、
ネパールにいて良かったと思ったのはフルーツが安いこと^^

季節にもよるけれど、カトマンズでは暖かいインドの方から届くメロンやマンゴーなどの南国フルーツや、
北の涼しい地域からやってくるリンゴや桃など結構色んな果物が食べられるのです。

フルーツはつわり中の救世主でしたね〜。

あとネパールで意識して食べるようにしていたものは、
葉もの野菜・枝豆・ひよこ豆・ヤシの実ジュース・バナナ・はちみつ・オートミール・アーモンド

つわり以降しばらく和食とパンばかりの生活だったのですが、
20週になった頃体調がほぼ妊娠前と同じになったので、また1日1食カレーの毎日に戻りました。


今振り返ってみればそんなに神経質になることなかったなと思うのですが、
あの頃は不安だらけで「こんな食事じゃ赤ちゃんが育たない!汗」と結構必死でした。

しかし魚介系以外は日本と同じような食材が手に入るカトマンズでの食生活は、
なかなか良かったのではないでしょうか〜。

調子の悪い日にキッチンに立つのは大変だけど、ほぼ添加物ゼロの食生活は健康的ですよね^^



d0363302_17424339.jpg



さてさて次回は【2回目の検診】編に続きます。


赤ちゃん生まれる前にこのシリーズ終らせたい〜。

いそげ〜^^






by itawa | 2018-11-19 11:00 |  ◇baby | Comments(4)


前回初めての検診でFolic Acid=葉酸を処方された私。
1日1錠夕飯後に飲むよう言われたので検診の帰りに買って、早速その晩1錠飲みました。


いつものように寝る前にベッドでゴロゴロしていた時のこと。
N氏がなにげなくサプリのシートを手に取って「なにが入ってるか調べてみよ〜。」と、
薬の名前をググってみたのです。

お医者さんが言ってたとおり、錠剤の中身は100%葉酸。

葉酸はどのくらい入ってる?とN氏に尋ねると、答えは「5mg」とのこと。


え?0.5じゃなくて?

「うん。5ミリグラムって書いてある。」


・・・??多くない?
1シート(10錠)に5mg含まれてるってこと?

「ううん、1錠に5mgって書いてある。」


いやいやいやいや。
普通におかしいから!

ちょっとお見せください。と改めてシートを確認すると。。。




d0363302_16570722.jpg



キャーーーーーーー!!!

本当にイッチタブレットに5mgって書いてある。泣


日本の厚生労働省は、
「妊婦の方は1日、普段の食事から取れる量+サプリで0.4mg(=400μg)の葉酸を取りましょうね。
 でも、1日1mg以上取るのはダメですよ〜。」と言っているのです。

つまりこれ1錠で日本が妊婦の摂取上限としている葉酸の量を、5倍もオーバーしちゃっているということ。

1日の摂取上限を超えた量を取り続けると赤ちゃんが喘息だったり、
アレルギーのある子が生まれやすくなってしまうそうです。。。

ひえ〜〜〜。
確認しておいてよかった。

とりあえず飲んでしまったものは仕方ないので、翌日違うサプリがあるかN氏が探してきてくれることに。


・・・結果、New Road周辺の薬屋さんを何軒か廻って聞いたものの、
これ以外の葉酸サプリは見つかりませんでした。


どうしたもんかと義姉に相談すると
「お医者さんが飲めって言ってるんだから飲んだ方がいいわよ。」とのこと。

日本の上限を5倍も超えちゃってるのに〜?

「でも地元の妊婦さんはみんなこれを飲んでるのよ!みんな元気に育ってるじゃない。」

たしかに!
でも私のボディはMADE IN JAPANですし。。。
お姉さんも妊娠中はこれを飲んでいたのですか?

「え?私はアメリカから送ってもらった妊婦用の総合サプリを飲んでいたから、
ネパールのものは一切飲まなかったわよ。


ちょ!説得力なしかよ!!泣
だったら自分も日本から送ってもらうし!


と、こんな感じで1ヵ月分買ったネパールのサプリ(70円程度)は1日で飲まなくなりました。

N氏は処方されたものを飲まないなんて!と心配そうでしたが、
別に病気を治すために飲むのもではないので大丈夫。

しかも葉酸は食べ物から普通に摂取できるので、
日本からサプリが届くまでの間はなるべく葉酸がたくさん含まれているものを積極的に取ってました。


では、どんなものを食べていたか。という話は次回【たべもの】編に続きます〜^^




by itawa | 2018-11-08 12:00 |  ◇baby | Comments(2)


妊娠がわかって病院に行かなくてはならなくなった私。

健診編をお話する前に、まずネパールの病院事情をちょこっと説明します〜^^


首都カトマンズの病院システムは日本と同じように大きく2つ、
色んな科の入った総合病院と○○科のみを見てくれる診療所があります。

総合病院は設備が調っているけどいつも混んでいて、料金が若干高い。

一方診療所には最低限のものしかないところがほとんどです。
小さな一室にドクターとデスク、血圧計に聴診器、あとベッド。みたいな。

そこで検査が必要だと判断されると紹介状的なものを書いてもらい、
総合病院又は検査のみを行っている施設へ行きます。
その結果をもらってまたドクターの元へ・・・といった感じて治療していきます。
検査の必要がなければ処方箋書いてもらっておわり。

こんな感じであまり日本と変わらない病院の種類ですが、
大きく違うのは総合病院でも診療所でも同じドクターが診てくれるということ!

ドクター全員ではありませんが大体のシニアドクターは自分の診療所を持っています。
ということは例えば昼間は総合病院、夕方からは小さな診療所で同じ先生が診てくれるのです。
小さなカトマンズならではのシステムですね〜。

妊娠で診療所に通院する際は先生がどの総合病院に属しているのかを最初に確認した方がいいです。
出産は診療所ではできないので陣痛がきていざ、産まれる〜!となった時には、
主治医が勤務している総合病院にいかなければならないので。

逆に絶対ここの病院で産みたい!っていう場所があるのなら、最初から総合病院のほうがいいです。


・・・そんな訳でして。

金は自分で払うからカトマンズで一番の病院に行きたい!という私の意見はあっさり却下。
N氏から上記の説明を聞いて、最新設備の病院に行っても診てくれる人間は同じだと理解したのでね。

義姉も家から近い場所がいいよ〜。と言うので我が家周辺で産婦人科を探しました。
N氏が近所の薬局に尋ねてみると、自宅から徒歩2分のところに診療所があることが判明。


そして数日後、義姉と出かけた時に診療所の前を通ったので、
診察時間だけ聞いておこう〜。と思ってふたりで中に入ってみました。

するとちょうど診察時間。
まだ5週目だし時間を聞きにきただけだったけど他に人もいなく、
「わざわざまた来ないで見せてきなさいよ〜。」とドクターが言うらしいので急遽はじめての健診スタート。

冒頭に書いた通り、生まれて初めて入ったネパールの診療所の診察室は「ザ・シンプル」でした。

4畳ほどの長方形の部屋を入ってすぐにドクターのデスクがありまして。
そこに座っていたのはキレイなクルタを着たおばあさん先生でした。


妊娠してるかもしれないと伝えるとまずは基本的な問診。
それから血圧計って、触診。
最後に家でやった同じ検査薬を使ってまた陽性反応になって「これは妊娠してるわね。」と先生。


えーーーー!

あっさり〜〜^^


「今はまだ早すぎてやることはないけれど、なにかやるとしたらこれを飲みなさい。」
と、Folic Acid=葉酸のサプリを処方してくれました。

「じゃあまた1ヵ月後に来てくださいね。」と診察が終了。

やっぱりネパールでも葉酸が大事なんだなぁなんて思いながら、
帰りに薬局で処方されたサプリを買って、早速その夜1錠飲みました。


・・・しかし、その葉酸にはこわ〜い秘密があったのです。



d0363302_19481643.jpg



次回、【ネパールの葉酸サプリに注意!】編につづく。。。










by itawa | 2018-10-25 20:00 |  ◇baby | Comments(0)


今年の3月下旬、
日本で半年間の出稼ぎを終えた私はカトマンズの我が家に帰宅。

久しぶりに会ったN氏とこれからの話をしたり、
やりたいことが具体的に見えていた当時の私はやる気に満ち満ちていました。

そんな意気揚々とネパール生活を再開させた数週間後に最初の身体の異変を感じます。。。


階段を降りたり、ちょっと走ったりすると両胸サイドが痛いのです。

今思えば胸の張りがすでに始まっていたんだとわかるのだけど。
まさか妊娠してるだなんて思いもしない私は、なんかの病気だったりして?と若干不安になりつつも、
まぁ平気だろうと、そのまま気付かぬフリをしました。


それからさらに数日が経ち。。。


くるべきものがこない!

そして明らかにいつもの生理前とは違う感じ。
身体が熱っぽくて、ポヤポヤするのです。

ネットで「妊娠 初期 症状」と調べれば、まぁそれはそれは当てはまりますこと。
ほほほほ。


・・・・。


うわーーーーーー!!!状態になった私は恐る恐るN氏に報告。


「お腹にBabyがいるかもしれないよ。(小声)」

「え?誰の?」

「私の。」

「いるわけないじゃん!hahaha!」


と、初めての報告では相手にされなかったものの。
冗談言ってるんじゃないんやで。と具体的にあーだこーだ説明すると徐々に真剣になるN氏。

それはもしかしたら、もしかしてるかもしれないね。。。

ってことで、大体の予定日を10日程過ぎてから市販の検査薬でチェックすることに。


ドキドキがピークだった検査する前日、
たまらず先月出産したばかりの日本の姉に「妊娠してるかもしれない!」とメールしました。
帰ってきた返事は「本当に!!!」でも「えーーー!!」でもなく、

「6ヵ月も日本にいたのに?」でした。

冷静だな。。。

でもそうだよね。
ネパール戻って1ヵ月もしないうちに妊娠とか言われても意味わかんないよね。


そして翌日の朝、
検査薬の陽性反応をN氏と一緒に見て今度は2人で、うわーーーーー!!!状態になるのです。


な、なにをすればいいんだ!?

とりあえず検査はしてみたものの、妊娠発覚後のことなんで全く知らなかった私は日本の姉にヘルプ。
そこで教えてもらったことは、

・市販の検査薬で陽性でも赤ちゃんがいるとは限らないこと
・病院で赤ちゃんがいる袋と心音を確認してもらってやっと「妊娠した」になること
・その検査をするには7〜9週くらいまで待たなければいけないこと

・・・でした。


週数の数え方さえも知らなかった私はそこで自分が妊娠5週目だと知りますが、
待ちきれない私はフライング気味に初めての産婦人科へ行くのです。。。



d0363302_16271120.jpg



次回【初めての検診編】につづく^^









by itawa | 2018-10-11 16:00 |  ◇baby | Comments(0)