人気ブログランキング |

ネパール土産・雑貨編


お土産選びは年に1度の楽しみでもあります〜。

タメルでもちょいちょい買うけれど、
家族や仲良しへのお土産はだいたいKupondoleにある『Dhukuti』で買います。

ネパールでできるものを上手にデザインしていて、どれもかわゆ〜いのです。
定番のアイテムもあるし、ちゃんとシーズンごとに新しいアイテムが入荷するのも魅力的。

お土産目的じゃなくても、定期的に通ってしまうステキ店なのです。


今回買ったものはこちら〜。


d0363302_19013294.jpg



・ヤギ柄エプロン 828Rs
・銅細工のぞう 582Rs
・焼き物フクロウ 226Rs
・ポーチ 410Rs


ネパールの物価からしたら高いかもしれないけれど、ちゃんと全品オリジナルデザインだし、
仕上げも日本レベルでキレイなので納得のお値段なのであります。


もう一つ有名なワンランク上のお土産屋さんといえば『Mahaguthi』。

こちらもネパールのアイテムを上手にデザインされています〜。
Dhukutiが布ものが得意なのに対して、Mahagutiは焼き物に力を入れているイメージ。

今回はお土産は買わなかったけど、私の作業台にある編み針入れはMahagutiのアイテムです。



d0363302_19013365.jpg


シュールなデザインがお気に入り。
編み針入れにピッタリのサイズです。

300Rsだったかな。


という訳で、この2店は私のお土産選びには外せない場所となっております〜。

どちらもFBページがあるので気になる方はチェックしてみてくださいね。

かわいいアイテムばかりですよ〜^^



*行き方*

DukuthiはKupondoleのバス停からPulchowk方面に歩いて5分程。

道路を挟んだ向かい側にMahaguthiがありますが、
個人的にはLazimpatの店舗の方が見やすいかな〜という印象。

そこの通りにはフェアトレードのお店もたくさんあるのでお買い物するのにピッタリです^^











by itawa | 2018-08-30 18:00 |  ◇ネパール暮らし | Comments(0)

たこ焼き*SOLO


前にN氏がフリークストリートに日本食のお店ができたよーと教えてくれまして。

あんなところで日本料理屋さんやっていけるのかしらと思っていたら、
レストランっていうかたこ焼き屋さんでした。

先日たまたま近くを通ったので寄ってみました^^

初めてだったのでタコ入りを6個注文。

店構えからして、ちゃんとしてる感がひしひし伝わってきましたが、
たこ焼きもちゃんと日本で食べるたこ焼きそのものでした!


d0363302_19242810.jpg


外カリカリで中トロトロの銀だこ風なたこ焼き。
泣けるわ〜。

日本人の方が関わっているお店らしく、ソースはまんま日本の味です。
多分日本から取り寄せているんだと思うけど、ネパールで手作りしていたらノベール賞級のクオリティ。

メニューはこんな感じ。


d0363302_19242770.jpg


タコは申し訳程度に入っていたので、次回はベジでいいかな〜って感じです。
まぁ、タコ入りが選べるだけでもありがたいんですけどね。

無性にタコ焼き食べたくなくことがある私には近所にこんなお店がオープンしてくれてホントに嬉しい^^

メニューを増やすなら是非たい焼きでお願いします!


お店はまだオープンして1ヵ月ちょっとらしいです。

店員さんは甚平姿のカワイイ女の子。
ガンバッテネ!


d0363302_19242820.jpg



*行き方*

Basantapur方面からフリークストリートを下り、
Snow man cafeのある十字路をちょっと過ぎた右手の路地にあります。

d0363302_19444640.jpg




by itawa | 2018-08-13 19:00 |  ◇ネパール暮らし | Comments(0)

韓国料理・Seoul Arirang


初めて訪れたのはたしか2年前。

仲良しのコリアン友達が「ここを知ってからもう他のお店に行けなくなっちゃたよ〜」と、
連れてきてもらったのが最初。

それからは韓国料理が食べたくなったらここに行きます^^

タメルにあるほかの韓国料理屋さんも試してみたけど、
結局いつも、アリランにすればよかった・・・となるのでもう浮気はしないでしょう。


d0363302_17475437.jpg


お店はゆったりとした敷地に、座敷・個室・テーブル席といろんなタイプがあります。

静かでくつろげるのもよいのですが、なんと言っても料理が素晴らしいです。

韓国では料理がおいしかったら、
その次はサービスでついてくるおかずの善し悪しでお店が評価されるそうな。

この日は2人で行ってチキンチリソースみたいなのと、石焼ビビンバの2つをオーダーしました。
この写真の右上の四角いお皿と石鍋に入ってるのがそれで、
あとはぜーんぶサービスで付いてくるおかずです!



d0363302_17475422.jpg



食べかけ写真すみまてん。汗

日によって内容は少し変わるそうですが、
チヂミ・キムチ・カクテキ・じゃがいも甘辛和え・ナムル・サラダとテーブルがいっぱいに。
サービスで夏は冷たい、冬は暖かい麦茶をだしてくれるのもかなり嬉しい〜。

韓国人グループの方が経営しているらしく、調味料は韓国から取り寄せたものなんだとか。
友人曰く生で食べるキムチと、スープに使うキムチを使い分けているのがレベル高いらしいです。


ビビンバはノンベジで600Rs。Taxなしのサービスチャージ10%です。

タメルの安いお店でもビビンバ500Rsくらいだったと思うので、
ちょい高めでもせっかく外食するならアリランのほうが絶対おすすめ。

日本料理もいくつかありますが、試したことないので評価の程はなぞです。。。

冷麺は2人前からのオーダーのみだったのですが、
先日行ったら1人前700Rsとメニューが新しくなってたので今度試してみようかな。


たまにの贅沢にいかがですか〜^^



*行き方*

場所でいうとDurbar Margになるのかな。
ナラヤンヒティ王宮博物館の近く、Naag Pokhariのすぐそばです。

博物館入口を向かって右手に進み、ヘビのモニュメントが置かれた池にたどり着いたらもう看板が見えるはず。

お店はちょっとわかりづらい場所にありますが案内板がたくさんあるので、
それをたよりに路地に入ればこんな入口です。


d0363302_17475527.jpg


Googleで検索すれば地図が出てきますよ〜。



by itawa | 2018-06-24 17:00 |  ◇ネパール暮らし | Comments(5)

壁を塗り替えるの巻


本当は床を張り替えるの巻・パート2が先のはずでした。
だけど業者さん(今度は知り合いのちゃんとした人たち)の都合で来週以降じゃないと無理ってことで、
先に色塗っちゃおう!ってことになりましたん。

壁塗りは自分たちでやります!
私はネパールにきて3回目なので、どちらかというと得意な作業^^

それではすたーと。


まずはペンキを買いに行きます〜。

ペンキの種類はざっくりと2種類。
屋外で使うエナメル塗料か、屋内用の水性アクリル塗料。

エナメルは長持ちで水拭きもできるので屋内の壁に使われることも多いですが、
扱いが大変で匂いもキツいので、業者さんに頼まないとツライです。

自分たちでやるなら断然アクリル!
アクリルの方が安いしね。


d0363302_23505089.jpg




カトマンズだとパイプや洗面台などを扱っているHardware Shopと言われるお店か、
ペンキ専門店で買うことが出来ます。

前者の場合、既製の色しか置いてない場合が多いので色を作る設備がある専門店がおすすめ。
その色を作る作業ってのが日本よりレベル高いです!


まずはメーカーのカラーチャートを見せてくれますが、
それでも気に入ったものがない場合は他の何千種類はあるかと思われるチャートブックから選びます。

そして色が決まったら、必要量の白いペンキのフタを開けて機械に設置。

お店のお兄さんがパソコンに色番号とペンキの量と打ち込むと、
機械からニュル、ニュルっと色んな色のペンキが少しづつ出てきて見事に調合してくれます。

すごいハイテク!

でもこれ、キレイに混ぜられるかな〜と思っているとちゃんと撹拌機がありまして。
これに1分程グルグルしてもらえばきれいに混ざります。


d0363302_23504903.jpg


素晴らしい〜。

しかもこの作業1ℓからやってくれるんですよ。
私たちは20ℓ作ってもらって2500円くらいだったかな。


さて、ペンキが手に入ったら作業開始。

アクリル塗料も水で薄めて使います。
本当は薄めにして2度塗りするのがベストなんだけど、
私たちは厚塗りしてから翌日色むらのあるところだけ重ね塗りしています。

N氏はローラーで大きな所を塗る人。
私は刷毛で細かい所を塗る人。


d0363302_23504776.jpg



塗ってるときはムラがすごくて不安になるんだけど、乾けばキレイになるので心配いらないです^^

今回はライトグリーンだった壁をEgg custardという色に塗り替えました〜。



d0363302_23504832.jpg



↓↓




d0363302_23504700.jpg



ちゃんと乾いてないのに写真撮っちゃったからムラがあるけどこんな感じです^^
だいぶ黄身色。
天井は白だからたまごハウスになっちゃった。


壁色がかわると雰囲気全然違うし、なにより自分たちでキレイに仕上げた達成感がサイコーです。

ネパールでは賃貸でも大家さんの許可をもらえばペイントOKな所も多いので、
もし気に入らない壁色の部屋に住んでいるなら自分でやってみるのも楽しいですよ〜。




by itawa | 2018-06-16 21:00 |  ◇ネパール暮らし | Comments(0)


今日はふいに思い出しては食べたくなっちゃう大好きなパンをご紹介^^

ネパールのローカルパン屋さんは意外に種類が豊富で、クロワッサンなんかもたまに見かけます。

ところが食べてみると「クロワッサンの形したただのパン」ってことがしばしば。悲
バターたっぷりで生地が層になってこそのクロワッサンなのに!

そんな理想のガチクロワッサンがカトマンズでも手に入ります。


d0363302_16284060.jpg


見かけだけでないおいしいパンを作ってくれているのが『Smart Bakery cafe』。
場所はJhamsikhelのBig Martのすぐそばだとか。

お店だとクロワッサンが置いてないこともあるみたいなのでマーケットで買うのがおすすめです。

以前紹介したLe sherpaのファーマーズマーケット(→)や、
SanepaのYellow Houseのマーケットに出店されています。

ちなみにこの2つのマーケット半分くらい出店者が同じっていう。


d0363302_16284105.jpg


スマートベーカリーはこんな感じで出店されてまして。
シャツ&ベストにネパール帽のぴしっとしたご主人、又は息子さん(ジャージ)が接客してくれます。

青いバットに入っているのが例のクロワッサンです。1個50Rs。

テーブル中央のチーズケーキも試してみたのですが、
たまごとカスタードの味が強くて、なんだか固いプリン食べてる感じでした。笑
おいしいけど思ってたチーズケーキではなかった。残念!

他にもベーグルやクッキーがおいしいのですが、私の一番お気に入りはチョコクロワッサンです〜。


d0363302_16284134.jpg


日本人的にはチョコクロっていうよりチョコデニッシュかな?
1個60Rsなので、これを食べるのがカトマンズで一番お得に幸せ味わう方法だと思ってます。


ちなみにタイトルの「フランス大使館御用達」っていうのは友人から聞いた話。。。
本当かどうかはわからないけど、本場のフランス人も認めたって話に頷けるほどのおいしさです^^


どうぞお試しあれ〜^^


by itawa | 2018-06-06 16:00 |  ◇ネパール暮らし | Comments(0)

アート or 落書き?


先日、久々の道を歩いたら新しい作品が増えてました。


d0363302_20295189.jpg


でっかいビートル。

2017MEXICOって書いてある。


カトマンズには本当にたくさんのストリートアートがありまして、
ネパール国内や海外アーティストの作品があちこちで見られます。



d0363302_20303693.jpg


こういうのが、とあるおしゃれなエリアにかたまってるんじゃなくて、
普通の人が普通に暮らしてるところにあるのがいい感じ。

家主がアーティストに頼んだり、ネパールを訪れた旅人が許可をもらって記念に描いたり、
などなど色んなパターンがあるそうです。


ちなみに2016年にはStreet Art Festivalなるものがあったようで、
カトマンズ在住の人ならこの動画にでてくる作品1つは見たことあるものがでてくるはず^^






ネパールの『ART LAB』という団体(?)の中で、
『Prasad』というストリートアートプロジェクトがあるみたいですね。

ネパール各地で活動してるようなので、興味のある方は公式サイト見てみてください〜。



トレッキングやボランティアだけじゃあないんだぜ。

私はこっちのネパールが好き。







by itawa | 2018-05-30 18:00 |  ◇ネパール暮らし | Comments(0)


先日、取ってきたばかりの私。

もう何回目のビザなのかわからないくらいインドとは長いお付き合いですが、
今回初めて知ることもあったのでメモがてらまとめておきます。


まずは必要書類から〜。


1、ビザ申請書

インドビザはオンラインで申請するシステムとなっています。
記入事項がめちゃくちゃ多いですが、1つづつちゃんと読んでいけばそんなに難しいことはありません。
ネットで検索すれば、日本語訳された記入例なんかも見つかるのでとても助かります。

記入が済んだらそれを印刷するだけです。


↑こちらのサイトの一番左下「Apply Online」をクッリクするとスタートです。


ちなみに今使っているパスポートにインドビザがなくても、
最後に撮ったインドビザが古いパスポートにある場合はその情報を記入しなければなりません。

私はどっかのサイトで「新しいパスポートの分だけでOK!」という情報を鵜呑みにして行ったのですが、
すぐに「前にもインド行ったことありますよね?」と見抜かれ出直しました。汗

と言うことは、
インド政府は過去ビザ申請者のデータをパスポート番号以外のなにかでもわかるように保存してるってこと。
さすがインド。インドにテロリストはいらない!



2、証明写真

2インチ×2インチの背景は白色です。

私は以前撮った青色の背景色の写真を持って行き、東京で申請したときは渋々OKでしたが、
カトマンズは「絶対白のみ!」とダメでした。

インドビザ用に写真を撮る方は背景色に気をつけましょう。
白ですよ白!



3、過去インドビザコピー

2回目以降の人はこれをコピーして持って行きます。
入国スタンプページも必要みたいですが、大体ビザの隣のページに押されているので大丈夫でしょう。
マルチで何回も行っている人は気をつけて〜。



4、ネパールビザ&パスポートコピー

パスポートは顔写真のあるページ。
ネパールビザは有効中の一番新しいもの。


・・・なんですがネパール在住で観光ビザ以外で滞在中の方は要注意!

私は今Marriage Visaでネパールに住んでいて、
パスポートには「NON TOURIST VISA」があるのですがその場合、
Marriage Certificateネパール人側Nagariktaのコピーが必要です!

なんとこれは知らなかった情報。
ってことは、ビジネスビザとか学生ビザで申請する方もなんらかの追加必要書類があるかも?



そんなこんなで必要なものが揃ったらインドビザセンターへ。

Lazimpatのバス停のすぐ近く、新しくなったHotel Ambassaderの横道に入り、
ちょっと進んだBritish Councilの向かいです 。


まず1回目は書類を提出する日。受付時間は9:00〜12:00。
銀行みたいに機械で整理券を発行して呼ばれるまで待ちます。
1時間くらい待つ日もあれば15分くらいで呼ばれるあったりで、時間がかかるかどうかは運次第かと。

この日は書類がOKだったらビザ代を払ってパスポートは持って帰ってきます。
3ヶ月シングルで1660Rsでした。


2回目は6日後9:00〜12:00。
同じように整理券を取って待ってパスポートを預けて帰ってきます。


そして最後は2回目の翌日16:00〜17:00ビザ付きのパスポートを回収しておしまい!


・・・以上がカトマンズでの申請方法でした。

基本3ヶ月シングル発行です。
6ヶ月マルチが3000円しないでとれる日本の方がお得じゃん!って思った時期もありますが、
予約済み航空券のコピーが必要だったりビザセンターまでの往復交通費を考えると、
やっぱりネパールの方が楽かなぁと思います。

それでは良い旅を〜^^



d0363302_20513670.jpg


(インドの写真がなかったので中国の写真。。。)


by itawa | 2018-04-27 20:00 |  ◇ネパール暮らし | Comments(0)


あっという間に出発日が来週になってしまいました〜。

そんなわけで日本に持っていくおみやげも着々と買いそろえております。


今回は私が買ったおみやげをちょこっとご紹介。


まずはネパール土産定番のコーヒー豆です。


d0363302_19012018.jpg


アラビカ豆は高地で栽培するとおいしいものができるらしく、
高地だらけのネパールにはコーヒー農場がけっこうあるみたいですね。

私はネパールに来るまでネパールコーヒーなんて知らなかったけど、
酸味のない深い味でなかなか気に入っています^^

こちらはファーマーズマーケットで購入。
この豆は飲んだことないけど、パッケージがかわいいのでお土産用に初めて買ってみました。

おいしいといいな。


それから、こっちはいつも買っていくTBSのはちみつ。


d0363302_18222874.jpg


はちみつも定番土産のひとつです。

スーパーやお土産やさんでも買えますが、
私はこのお店を教えてもらってからはここのはちみつ一筋です!

家で使うのもここのはちみつ。

というのも、他のものより断然おいしいからです。


d0363302_18243954.jpg


「いつ、何の花から、どのミツバチが」が記載されています。

それぞれ5つ程の花の種類のはちみつが売られていて、全部はっきり味が違います。
私は定番のButter treeからとれたものが好き^^

ご主人曰く日本にも輸出しているんだとか?

こちらはJawalakhelのThe Beekeeping Shopで購入。

地図はこちら。


d0363302_18540624.png



たべもの編は以上の2点のみ!

以前は色々買っていったものですが、
海外に馴染みのない人にとって外国の食べ物って抵抗あるみたいです。

うちの母と姉はまさにそのタイプ。

数年前に某国で買ったラーメンとかお菓子が未だに放置されているのを見かけるのもしばしば。悲

なので食べ物に関しては、みんなが知っている味でなるべくかわいいパッケージのものを選んでいます。


この2つは間違いないアイテムですよ〜。

お土産悩み中の方は参考になすって下さいまし^^




by itawa | 2017-09-13 16:00 |  ◇ネパール暮らし | Comments(0)


※2018年3月追記
この記事で紹介したパンは焼き立てでした。だからフワフワ厚切りだったのかと。
後日通常Ver.購入しましたが、よくあるネパールの薄切り食パンでした。泣
でも他のお店よりおいしいのは変わらず!


理想の『食パン』に!

昨日、前に紹介したおすすめのローカルパン屋に行きました。
たまたま食パンが目に入ったので買ってみたのですが、これがもう絶品でした!!


d0363302_18214853.jpg


まるで日本のパン。

しっとりふわふわで、軽くトーストすれば外はサクサク中はふわふわです。涙
超熟と張り合えるレベル。

ネパールの市販の食パンって大体1cmくらいの薄さでカットされているものばかりですが、
これは亭主の雑な切り方が絶妙な厚さを生み出しています。


d0363302_18250850.jpg


しかもこれが1斤で50Rs(約54円)と信じられないお値段で売られているのです!
このお店にノーベル賞あげたい。

ちなみにここでは小さい食パンと大きい食パンが売っているのですが、
このおいしいパンは大きい方の食パンです。

いつでも買えるのかは謎ですが、これだけの為にお店にいく価値の味ですよ。


販売時間など、詳しいことがわかったら追記します^^




*行き方*

BasantapurからChhatrapati方面へ7分程歩くと右側に現れます。

オレンジ色のパン屋さんとしか言いようがないですが、近くにパン屋さんがないので見つけやすいかと思います。


d0363302_23450452.jpg


地図でいうとココ!

d0363302_23433400.jpg




by itawa | 2017-08-31 15:00 |  ◇ネパール暮らし | Comments(0)

すもーくぽーく


またまたHunger Huntで発見したお店に行ってきました。
(N氏は本当にこのチャンネルが大好き)

スモークポークがおいしいんだとか。


d0363302_20381989.jpg


ネパールでお肉は水牛・鶏・豚がメインで食べられています。

民族によって食べていいものダメなもの決まってたりするので、
レストランでこの3種類全部がそろってるのは大体外国人向けのお店。

NOYOZはポークとチキンのお店です。

 
お店の紹介はプロにおまかせして・・・。






お肉にしっかり味が付いてるのでベーコンみたいな味でした。

モモも食べたけど、マサラの入ってないプレーンタイプで嬉しかった!

アイスティーにたっぷりの氷が入ってたからいいお店なんだと思う^^


d0363302_20400747.jpg

2品+ドリンクで600Rs(約640円)くらいでした。

また行く!



*行き方*

中国大使館の道路を挟んだちょうど反対側にあります。
エリア的にはBaluwatarですね。

建物の2階にあって、ブタの看板を目印に階段を昇るとお店です。

バートバテニの近くなので、お買い物ついでにいかがでしょ〜か。



by itawa | 2017-08-13 20:00 |  ◇ネパール暮らし | Comments(0)