人気ブログランキング |


だいぶ日が経ちましたが。汗
妊娠シリーズまだ続きます〜^^


******


さて、マンガ漬けの日々に訪れた2回目の健診日。

前回のように近所の何もない診療所で血圧測定・触診・問診を受けたあと、
総合病院で超音波検査(エコー?)と血液検査を受けるように言われました。

指定されたのはうちからバイクで15分程のMETRO HOSPITALというところ。
数年前にできたばかりの新しい大きな病院です。


N氏が受付を済ませたらまずは血液検査&尿検査。

大きな病院なので日本と同じようにそれぞれ専門部屋に別れているので、私たちも血液検査のところへ。
隣にトイレがあって尿検査もそこに提出するシステム。

検査結果は翌日受け取ります。

血液の検査内容はHIVや血糖値など日本と同じような感じですが、C型肝炎と風疹は項目にありませんでした。
子宮頸がんの検査もないです。

あと日本と違うのはパートナーの人も血液検査をします!
何を調べられるのかと思っていたら、検査結果の項目は梅毒のみでした。

梅毒は妊婦さんがかかると高い確率でお腹の赤ちゃんも悪影響がでる怖い病気ではありますが、
妊婦さんを検査して、パートナー側も検査する念の入れよう。
ネパールには梅毒患者が多いのかな?


次に超音波検査の部屋へ。

検査室へ行くと看護婦さんに「トイレ行きたくない?」と聞かれました。
「いえ大丈夫です^^」と答えると「じゃあ行きたくなるまで1Lくらい水飲んで待ってて!」とのこと。

えっ!!驚

ネパール式なのかなんなのか、
トイレに行きたくなる寸前くらいの尿意をもよおしてないと検査してくれません。
(後に訪れる日本の病院ではエコーと尿意は関係なかったです。笑)

さ、さっき尿検査したばかりなんですけど。。。

まぁ文句言っても仕方ないので、
検査室の前のベンチに座ってひたすら水を飲みながら尿意がくるのを待ちます。
隣に座っていたネパリ女子も頑張ってガブガブ水を飲んでました〜。

それから30分ほど待ってからいよいよ検査スタート。


よくわからない白黒映像がしばらく続いたあとに赤ちゃんが姿を現します。
画面の中でピクピク動く3cmの人型生命体を見て思ったことは、
かわいい〜!でも神秘的〜!でもなく「ついに地球の物語に参加してしまった!」でした。

余計なことを考えないように集中してマンガを読む毎日だったので(→)、
頭の中が完全に火の鳥の世界観。。。


ちなみに検査をしてくれたのは若い男の先生だっだのだけど、
ちゃんと心臓の音を聞かせてくれたり、説明しながら一緒にエコー画面を見せてくれました。

ネパールの病院ではもっと事務的な感じで検査されると思っていたので、嬉しかったのと安心感。
ほっ。


自分の見た目は何一つ変わっていないのに、お腹の中で別の生命体が成長しているなんて不思議。
30歳になってもまだ知らない初めての気持ちがあったんだなぁ。。なんてふわふわした気分の私。

一方N氏はこの日初めて、私が妊娠したことが現実だと受け入れられた様子。

「Aaja mero fathers day!」
今日は父の日だ〜^^と珍しくビール買ってきて家で祝杯あげてました。


赤ちゃんの姿を見て初めて妊娠ということが確定した瞬間から、
それまでのモヤモヤはちゃんと育てていかないと。という気持ちが消してしまいました。

自分の健康=赤ちゃんの健康になったからには、うだうだ考えている暇なんてないのです。

身体に負担をかけない生活と、栄養のあるものをバランスよく摂って。。。

今日も元気かな?ちゃんと育っているかな?病気になっていないかな?
そんな心配は毎日続き、出産を終えた今も毎日続いています。

きっと赤ちゃんが子どもになって、大人になってもずっと続くのだろうな。

それが私の、子を持って最初に知った親のキモチ。



d0363302_17180396.jpg


次回【健診2〜3回目】編に続きます^^






by itawa | 2019-02-05 16:00 |  ◇baby | Comments(2)